ミスエアポート(自称)の新千歳空港をうろうろ。

新千歳空港で働くミスエアポート(自称)スーさんのブログ

インフォメーションについて考えてみた

広告

どうも。「新千歳空港を世界一素敵な空港にしたい」ミスエアポート、スーさんです。

以前から(勝手に)考えていたインフォメーションの制服。

他の業務もあるので 

 

帽子とベストとスニーカーだけでもいいや

f:id:sketchbooklover55240:20180120193804j:image

 なぜ、変える必要があるのか。

 

インフォメーションの制服の問題点は

「綺麗な制服だけどインフォメーションだとわからない」

案内所にいれば分かるけど、お客さんを見てるとそこらへんを歩いてる空港スタッフを捕まえて聞いてるし、案内所が見えてても20メートル歩くのがめんどくさい。高齢のお客様にとって20メートルが遠いんです。

綺麗な制服でおもてなし、って言うけど 誰得?

 

 

「わー、綺麗な新千歳空港の制服だー。見れたー。良かったー」

「わー、礼文でしか見られないレブンアツモリソウだー。見れたー。良かったー」

 

同じ?違くない?

 

空港で働いてる人ならインフォメーションの制服だと分かるでしょうが、新千歳空港に慣れていないお客様にはわかるでしょうか?

 

なので!

「歩くインフォメーション」を配備。

お客さんに来てもらうのではなく、インフォメーションから困っている人を見つけて案内する。

なので、パンプスではなく歩きやすいスニーカー。

新千歳空港デザインのスニーカー。

f:id:sketchbooklover55240:20180120194654j:image

空港のコードと、 新千歳空港のマーク入り。

せっかくなので新千歳空港オリジナルブランド「ファースト北海道」でも販売しましょう。

今はお菓子しか発売してませんが、思いっきり方向転換。

北海道というブランド力を思いっきり利用して、北海道ファン、航空ファン、スニーカーマニアのハートを掴みましょう。これについては、ただ私が欲しいだけです。空港オリジナルスニーカー。話逸れた。

 

歩くインフォメーションさんにはサービス介助士などの資格を取ってもらって空港の平和を守ってもらいましょう‼︎若い女性である必要もありません。気の利く「渡辺えり」みたいな人がいい。

えなりかずきでもいいや。困ってる人にこっちから声をかけるインフォメーションって、ど田舎北海道に求めてるイメージに近い気がします。

「北海道旅行の最後に、新千歳空港で不親切にされた。北海道の恥だ」とかクレームこなくなるかも。

 

 

新千歳空港ってわかりづらい構造なのでインフォメーション大事です。広くて途方にくれてるお客様もいるし、搭乗手続きの場所もわからないとか、迎えに来たけど間違えて一階の出島に降りたり。仕事終わりに空港内をうろうろしてると、沢山の「困った」に出会います。今いるのが何階かわからないって外国人観光客も多いです。インフォメーションさんにはタブレットで翻訳アプリを利用してもらえばスムーズになるでしょう。全員が多言語に堪能になるのは現実的じゃないし。

 

 

本来は空港で働くスタッフ全員がインフォメーション出来たら良いんですが、そうなってくると空港さんからギャラを頂かないといけないし、インフォメーションの仕事もなくなるので 線引きはしておきましょう。笑

トイレや喫煙所の案内は出来るけど、沢山ある他の店の取り扱い商品全てを把握するのは難しいです。

 

 f:id:sketchbooklover55240:20180121042102j:image

 韓国語で「とにかく美味いものなんだ!」と探し物を言われても案内できませんもん。

 

各店舗のスタッフ育成はもちろん、歩くインフォメーションで北海道のイメージアップを図りたいです。

正直、販売スタッフさん達の「私達は北海道の顔」って意識は低いです。

逆にお客様からすると期待値が高いんです。

「ただの空港以上の価値が新千歳空港にあるから」

です。わざわざ、地元の人が遊びにくる場所であり、広い北海道の美味しいをギュッと集めた場所なんです。温泉も、チョコレート工場も、ラーメン道場もジンギスカンもアニメイトもある。スタンプラリーも出来る。北日本最大の航空グッズのお店も映画館もある。美味しいお寿司、スープカレー、沢山のソフトクリーム、ドラえもん、キティちゃん、雪ミク…

やっぱりすごいんですよ、新千歳空港って。

施設が整ってきた今、新千歳空港全体で全てのスタッフ育成に力を入れないと、建物だけ立派な中身のない空港になっちゃいそうです。

 

追記

福岡空港で「案内」の腕章をつけた女性が歩いていました。これこれ!

制服は黒っぽいチェックの落ち着いたトーン。

腕章の文字が目立ちます。 

オシャレではないけど、制服であることがわかります。エアラインには見えないし、ある意味「案内」感がスゴイ。きっとここら辺のラインが案内らしいのかもしれません。